ぶらぶらブログ

主婦の旅行記です。

ブログ名

ディズニーランドからも近くて格安、朝食付き等のプランも豊富なオフィシャルホテルに泊まろう!!

先日、泊りでディズニーリゾートへ行ってきました。

久しぶりにオフィシャルホテルに宿泊しまして、オフィシャルホテルも「なかなか良いもんだな」と思う点がいくつかありましたので、まとめたいと思います。

 

 

値段が安い・予約が取りやすい・特色あるプラン

今回、東京ベイ舞浜ホテルは5月の土曜日に宿泊しました。「ベーカリーモーニングボックス付プラン」という簡単な朝食がついたプランで一人当たり約15000円!!

オフィシャルホテルの中では高くもなく平均的な価格帯ですが、ディズニーホテルと比べると1~2万円は安く泊まれちゃいます!!

ディズニーホテルは予約を取るのも大変で、毎日「キャンセル拾い」のために色々な旅行会社のサイトをチェックする必要がありますが、オフィシャルホテルはそこまでではないので、思い立った時にサクッと予約できちゃうのも良いと思いました。

また、バケーションパッケージのようにディズニーに特化したプランはもちろん少ないのですが、「アーリーチェックインで12時から入室OK」や「朝食付き」などホテルでの滞在が快適になりそうなプランが色々出ています。

我が家の利用したプラン「ベーカリーボックス付き」はパンやサラダなどのセットメニューを部屋で食べる事ができるというもので、朝食の心配をすることもない上に部屋でのんびり食べられるっていうのが子供連れに良いなと思いました。

「12時からの入室」とかのプランだったら、子供をお昼寝させるのにちょうど良いですよね!!

 オフィシャルホテルのパスポート付きプランがお得!!

ディズニーのワンデーパスポートは大人7400円ですが、オフィシャルホテルのパスポート付きプランにするといくらか割安に購入できる計算になります。

今回我が家は「パスポート付きのプラン」ではありませんでしたが、パスポート付きのプランだったらどの位割引になるのか試しに計算してみたところ、60円程割引になるという結果が・・・・。

まあ、どのくらいの割引になるのかは各ホテルで違いがありますので、各自でいろいろ比較されることをお勧めします。

お部屋のタイプが豊富で宿泊者の形態にあったものが選べる。

一般的なビジネスホテルだとツインルームやシングルルームが殆どで、例えば我が家のように大人2名と子供3名の場合、大人一人に対して添い寝できる子供も一人というルールのホテルだと子供が一人あぶれてしまい、もう一部屋取らなくてはいけなくなってしまいます。

オフィシャルホテルはベッドが3台~4台のお部屋、和室のお部屋、コネクティングルームなどお部屋のタイプも豊富ですので、一家族一つのお部屋でまとまって過ごすことができます。

 

食事が安くて美味しい

東京ベイ舞浜ホテルのレストラン「レストラン ファインテラス」。18時ごろ予約もせずに行ってみましたが全く混んでおらず、すんなりと入れました。

レストラン

ガラガラ~・・・・は失礼か。

子供連れには嬉しすぎる環境です。パークだと予約すらできませんから・・・。

 

座席の間隔も割と広々でベビーカーのまま席についても何ら心苦しい思いをすることはありませんでした。

 

キッズメニューもちゃんとありました。

キッズプレート

プチトマトがミッキーになってる!!

大人はパスタ(1200円)を頼みましたが(写真はない)、コレが激ウマで感動するレベル!!まさにホテルクオリティ!!

 

家族5人で食事して8000円弱と普通よりは高いですが、パーク内のレストランでもそのくらいはしますからね、味もアレですし・・・・。

 

ホテル内の移動は短距離で済む

ディスニーランドホテルやミラコスタはパークから近くて良いってのは大前提としてあるんですけど、実際、パークのゲートから出てお部屋に着くまでにかなりの距離があって何気にストレスに感じていました。

パークからの近さゆえ、子供がグズってきたから一旦ホテルの部屋に戻ろうかと思っても、意外と全然お部屋に着かないんですよ。

 

オフィシャルホテルはパークからの距離は遠いのですが、初めからソレをわかった上で行動しますからね~。ホテル内に入ってしまえば、言わばお部屋に着いたようなものです。ディズニーランドホテルやミラコスタのように何メートルも歩いて行ってエレベーターに乗って、また何メートルも歩いて行ってお部屋に入るという事はありません。

「パークから出てからが意外と遠い」よりも「思ってたより早く着いた」の方が精神衛生的にもイイよという話。

 

リゾートクルーザーに乗れる

 各オフィシャルホテルからは、ディズニーリゾートラインというモノレールの駅「ベイサイドステーション」まで無料のシャトルバスが出ています。大体5~10分おきに出ているそうです。

バス

ディズニーランドホテルとミラコスタに宿泊するとパークには歩いて行けるわけですから、中々乗る機会もありません。

わが家も今回、子供と初めて乗りました。

バスに乗るってだけでも子供には楽しい体験ですからここはぜひ体験させてあげたいところです。

バスの内装もポップですごくかわいいんですよね~。

 

お土産もゆっくり買い物できる

ショップ

オフィシャルホテルには「ディズニーファンタジー」というディズニー公式のお土産屋さんが入っているので「お土産を買い忘れた。」「お土産をゆっくり見たい。」って時に便利です。パーク内でお土産を買うのも混雑時は大変ですから、こちらで吟味しながらゆっくり買い物できるのがイイなと思いました。

東京ベイ舞浜ホテルのショップは、パーク内程ではないですがグッズの種類が豊富だと思いました。ミラコスタのミッキランジェロ・ギフトよりもありそう・・・。

 

まとめ

ここで紹介した以外にも沢山のオフィシャルホテル特典があります。

オフィシャルホテル特典 | 東京ベイ舞浜ホテル(公式ウェブサイト)|東京ディズニーリゾートオフィシャルホテル

ディズニーの余韻も残しつつ、値段も比較的安くて良い事がいっぱいのオフィシャルホテル。おススメでーす。

東京ベイ舞浜ホテルのレポート記事もあります。

www.buraburablog.net