ぶらぶらブログ

主婦の旅行記です。

那須のトレジャーストーンパークは混雑してても楽しめるポイントが沢山でお勧め。

トレジャーストーンパーク

公式HP宝石探しトレジャーストーンパーク 那須高原 / 北関東最大級の「宝石探し」ミニテーマパーク

地中に埋まっている宝石を発掘する宝探しアトラクションです。

屋内のアトラクションなので天候に関係なく遊べ、那須でメチャクチャ人気のミニテーマパークです。

那須トレジャーストーンパーク 駐車場

県道の入り口から見た施設の外観。特に看板とかも出ていなくてかなり分かりにくいです。思わず通り過ぎちゃいました。

那須トレジャーストーンパーク 入り口

入り口の手前には貸し出し用の傘が用意してありました。多い時は2時間位外で並んで待つこともあるそうで、こういう心遣いはありがたいですね。
後は、トレジャーストーンパークだからなのか、外に敷いてある砂利も丸くて光沢がある石が沢山ありました。ウチ子のはこれだけで、「珍しいものを見つけた」と喜んでいました。

 

入ってすぐの受付はこんな感じ~。意外とこじんまりしていますが、ゴールドラッシュに沸く西部開拓時代の雰囲気がすごくよく出来ています。

那須トレジャーストーンパーク 受付

コチラの受付で宝石探しのコース「地下鉱山(ディープサンド)」か「水晶の谷(クリスタルリバー)」または「両方とも」か申し込み、人数分のお金を払います。

始めにどちらか一方しか申し込んでいなくても、後から追加でもう一方の方も申し込むという事こともできます。

 

 

地下鉱山(ディープサンド)

うす暗いトンネルを抜けて地下鉱山へ! 岩の階段やランタンの灯りに探検気分が盛り上がる! チームで協力するか、発掘量を競い合うか!?  割り当たられた作業場の砂の中からパワーストーンを探し出します。

 宝石探しトレジャーストーンパーク「地下鉱山」でパワーストーンを発掘!より引用

というアトラクション。 

那須トレジャーストーンパーク 地下鉱山入り口

こちらの地下鉱山入り口で簡単な説明とバケツとスコップをうけとります。

作業場は4つ。1グループ1つの作業場で発掘を行います。

那須トレジャーストーンパーク 地下鉱山マップ

赤と青の作業場が少し広めになっているそうです。それだけ取れる宝石の数も多いのかもしれません。どの作業場にするかは受付した順からえらべます。

 

地下の坑道を通って各グループの持ち場へ出発。

那須トレジャーストーンパーク 地下坑道

まるで本物の坑道のようでワクワクしてきます。

それぞれのグループが持ち場につくと発掘開始のベルが鳴り一斉に発掘開始です。

那須トレジャーストーンパーク 作業場

低い石造りの囲いの中に砂場があるって感じでしょうか。実際に人が立つ地面には砂はく舗装してあるのでやりやすいです。

那須トレジャーストーンパーク 見つけた

砂なので力を入れなくても掘る事ができますし、粗目の砂は手で払えばすぐ落ちますのであまり手も汚れません。小さい子でも割とすぐ最初の方は見つけることができると思います。

12分間で取り放題。

那須トレジャーストーンパーク 地下鉱山全部で

私(吉田)はこの発掘できました。

スタッフさん曰く200グラムを目指して頑張ってという事なので、一つの作業場に200グラム前後が埋まっていると思われます。

秤が置いてあるので実際に重さを測ってみましょう。

那須トレジャーストーンパーク 地下鉱山の秤

娘、100グラム。私、150グラムでした。

どうやら、作業場のほとんどの宝石を発掘する事ができたようです。

 

水晶の谷(クリスタルリバー)

水の流れる “クリスタルリバー” の川底には、小さな輝きを放つパワーストーンがいっぱい! 砂の中から宝石のひと粒ひと粒を探し出します。そして、さらに”伝説のカギ”発見者となることができるか!?

宝石探しトレジャーストーンパーク「クリスタルリバー」でパワーストーンを集めろ!より引用

という、水の中から宝石を探し出すというアトラクション。

那須トレジャーストーンパーク クリスタルリバー デッキ

デッキを降りていくと、クリスタルリバーが流れています。地下鉱山と比べると明るくて広くてのどかな雰囲気です。

那須トレジャーストーンパーク 川

コチラもある程度お客さんが入ったら一斉に発掘開始となります。

那須トレジャーストーンパーク クリスタルリバー 発掘開始

制限時間が少し長めの20分なので余裕があると思いきや、水の中なのでメチャメチャ探しにくいんです。あまりバシャバシャやると水面が揺れて何も見えなくなってしまうのです。

このチャレンジでは、宝石の他に伝説の鍵というのも埋められていて、伝説の鍵を見つけた人にはクリスタルの原石がもらえるという事でした。

那須トレジャーストーンパーク クリスタルリバー 伝説の鍵

鍵は全部で50本位あるわけですから、全長60mの川の1~2mに1~2本の割合であるはずなのですが、川砂と同化して全く分かりませんでした。

 

結局20分の間に発掘できたのは

那須トレジャーストーンパーク クリスタルリバー採れたの

娘、これだけ~。50グラム位。宝石も地下鉱山の方よりも小さいのでほんっっと~に見つけにくいんです。

水面を動かさないように川砂だけを静かによけるのがポイントです。

 

クレーン鉱山

那須トレジャーストーンパーク クレーン鉱山

小さい宝石のUFOキャッチャー。白い方が水晶メイン、紫の方がアメジストメインでした。

100円で2プレイでき、娘は子供の手のひら一握り分ほどゲットできました。

 

あとは宝石のガチャガチャなんかもありました。

那須トレジャーストーンパーク ガチャガチャ

コチラは1回200円~500円と少しお高めでした。

 

ショップ・お土産

那須トレジャーストーンパーク アクセサリー

館内のショップには発掘した宝石をキーホルダーやアクセサリーにできるハンドメイド用のパーツや発掘した宝石をディスプレイするのにちょうど良いガラスのボトルなんかが売っていました。

せっかく発掘した宝石も家に持ち帰ったら放置になっちゃうのかなと思っていましたが、こういうのがあると、ただしまって置くだけにならなくてイイ。

 

他にも文房具とかオモチャのグッズが沢山。

那須トレジャーストーンパーク お土産

キャビネットに陳列された高そうなアクセサリーや原石も、

那須トレジャーストーンパーク 開けれるよ

扉を開けて手に取ってみる事もできますよ~。

ショップの一画ではジオード割りも体験できます。

那須トレジャーストーンパーク ジオード割り

下段にある何の変哲もない石ころを選んで、機械にセット。レバーを操作すると石が割れて中から鉱物の結晶が現れるのです。

 

レストランやカフェが併設されていないのが子連れとしては残念なところですが、ショップではアイスクリームとジュースの販売があります。

那須トレジャーストーンパーク アイス

カップの底の方には一見すると砂利のように見える「小石チョコレート」が敷き詰められていて食感のアクセントになっています。

バニラの方はねっとりとクリーミー、ストロベリーの方はシャリシャリしていてシャーベットっぽい感じ。

 

スタッフさん曰く「食べる所というのは特に無いので、どこに座って食べてもいいですよ。クリスタルリバーの付き添い席とかどこでも・・・・。」という事でしたので、クリスタルリバーの観覧席で頂きました。

那須トレジャーストーンパーク 食べるところ

クリスタルリバーの方は、椅子もたくさん置いてあって広いので子供連れの方はコッチで自由に過ごしながら自分の番になるのを待っているのが良さそうです。

 

受付・支払いを済ませた後は番号札を渡されます。館内のアナウンスでグループの番号が呼ばれるこうなので、行列に並んで待つという必要はなく、自由に過ごして待っている事ができるんです。

この辺も子供連れにはポイント高いですね。

 

その他・注意点

長時間の待ち時間への配慮

待ち時間への配慮ってわけでもないのかもしれませんが、こんなのもありました~。

那須トレジャーストーンパーク カウボーイを探せ

特に何かが貰えるというわけではないですが、ついつい探しちゃいます~。

 

コチラは写真撮影のブース。

那須トレジャーストーンパーク 写真ブース

写真の左側の方は牢屋みたいになっていて、そちら側で撮るのも面白そう。

ココにもカウボーイが写り込んでいますね。皆さんは気が付きましたか?

 

お外には看板犬?のワンちゃんがいました。

那須トレジャーストーンパーク 犬

吠えたりしないお利口さんのワンちゃんだったので、待ち時間に眺めていれば子供も退屈しなさそうです。

バリアフリー状況

那須トレジャーストーンパーク 段差

西部開拓時代の鉱山がコンセプトゆえどうしても館内は段差だらけです。ベビーカー・車いすはまず無理でしょう。

トイレ・オムツ替え台・授乳室

館内のトイレは男女兼用で受付の脇に1か所だけ。

那須トレジャーストーンパーク 館内トイレ

「鉱山」の世界観がトイレの中にまで。

外のトイレは現実的でこんな感じ。

那須トレジャーストーンパーク 外のトイレ

男女分かれていて、多目的トイレはありません。オムツ替え台もありませんし、授乳室もありません。この辺はちょっと注意が必要ですね~。赤ちゃん連れの方も見かけましたが、皆さん車の中とかでやってらっしゃると思われます。

 

あとは、ハイハイ赤ちゃんが自由にできるキッズスペース的な所もありませんでしたので、やはり赤ちゃん連れには不向きな面が多いです。トレジャーストーンパークさん、お願い作って~。

発見できる宝石の種類

スミマセン。長くなっちゃったので別記事で説明します。 興味のある方はどうぞ。

www.buraburablog.net

発掘した宝石をどうするか問題

那須トレジャーストーンパーク お土産

ショップにあったアクセサー用のパーツを購入するのもイイですが、トレジャーストーンパークから車で5分程の所にあるお店「キャンドルハウス シュシュ」に見つけた宝石を持って行くと、

那須トレジャーストーンパーク キャンドル

宝石を閉じ込めたかわいいストーンキャンドルが作れちゃうんだそうです。宝石を持ち込んだ分だけすこーしお安くなるみたいなので、今度いってみたいなぁ・・・。

 

まとめ

いささか、子供連れ(赤ちゃん連れ)には不便だなと感じる部分はありましたけれども、しっかりと作り込まれた世界観やちょっとした遊び心は大人も夢中になってしまいますよ~。那須で人気のテーマパークというだけの事はありました。

屋内の施設なので雨の日でも大丈夫という所も大きいですね。

皆さんも機会があればぜひ~。