ぶらぶらブログ

主婦の旅行記です。

テオティワカン遺跡の添乗員同行旅のルート

お次は、テオティワカン遺跡へと移動します。

 

途中、バスからは、こんな景色が望めました。

バスからの景色

山の上の方まで質素なつくりの住居がびっしりと続いています。

スラム街という感じでしょうか。

日本でも斜面に密集して建つ住宅街なんかを目にすることはありますけれど、あれとはまた違った異様な光景にカルチャーショックを受けました。何気ない車窓の風景ではありますが、メキシコ旅行の際には、ぜひ、この風景も見ていただきたいです。

 

どんどんと都市部を離れ、田舎の方に進みます。

 

先ほどまでいたメキシコシティからはバスで小一時間ほどで、テオティワカンに到着です。テオティワカンは太陽のピラミッドが有名ですが、それだけではなく周辺にも神殿や宮殿などがある都市遺跡だったんですね。

 全くそんなことは知らなかったものですから、古代のピラミッドを早く見たいと思ってワクワクしていたのですが、

 

まず最初に案内されたのはジャガーの宮殿と呼ばれる遺跡。

ジャガーの宮殿

 

内部には、頭には羽毛の飾り、背中には巻貝の飾り、羽毛の付いたほら貝を吹いているジャガーの壁画がありました。

ジャガーの壁画

ジャガーは強さの象徴である大地と闇の神とされ信仰の対象になっていたようです。

 

宮殿は下水の機能も備えられていたとの説明がありました。

 

ケツァルパパロトルの宮殿同様、月のピラミッドの近くに建てられているという事は身分の高い人の住居だったのかもしれません。

 

特徴的な石壁。

特徴的な石積み

積み上げた石が漆喰で塗り固めてあって、その漆喰に小石が点々と・・・。

これらは修復が終わったことを示す目印だそうです。

私は、ジャガーの模様と何か関係があるのかと思いましたよ。

 

次に案内されたのは、隣のケツァルパパロトルの宮殿。・・・ではなく、その地下でした。

実は、ケツァルパパロトルの宮殿の地下には更に古い時代の神殿?宮殿?が残されているのです。

巻貝のレリーフ

これが、名前に由来となった羽毛の付いた巻貝のレリーフ

 

こちらは、同じ宮殿内にあるオウムの壁画です。

オウムの壁画

こういった、レリーフや壁画が描かれているということは、宮殿というよりは何か宗教的な儀式を行う場所だったのかと推察されます。

 

ピラミッドへの思いが強かったために正直この辺は印象に残っていないんですよね。スミマセン。

 

だってもう、入場ゲートから入った時からずっーとピラミッドが見切れていましたから、どうしてもソチラが気になってしまったのです。

 

入場ゲートを入ってすぐのところにジャガーの宮殿があるので、必然的にジャガーの宮殿を最初に見学する順番になってしまうのですが、入場してすぐは気分的に「古代」「遺跡」「テオティワカン人」のモードになっていないので、壁画やレリーフなどの細かい所を見せられてもピンとこないのです。

 

考えようによっては、個人手配で来ていたらこの辺は見なかったかもしれないと思うと日本語ガイド付きのツアーで良かったのかもしれませんね。