ぶらぶらブログ

主婦の旅行記です。

ブログ名

ハイハイ赤ちゃんと行くディズニーシー。アトラクションやショー以外の楽しみ方教えます。

赤ちゃんと行くディズニーシーは「アトラクション乗りまくり!!」というわけにはいかず、大人は正直そこまで楽しめないんじゃないかなと思われがちですが赤ちゃん連れでも楽しめる事は沢山あるんです。

 

 

何かしらのプログラムに参加しよう。

開催してるイベントによって違いはありますが、地図やヒントを見ながらパークをめぐり謎解きしたり、アイテムを探したりするスタンプラリー的なプログラムが結構な頻度で実施されています。

15周年イベントのクリスタルコンパス

クリスタルコンパス

3000円なり。

このコンパスをディズニーシーの各所に設置された「クリスタルポイント」というオブジェにセットすると、オブジェが光り輝きキャラクターからのメッセージが聞こえるというもの。パーク内全てのクリスタルポイントをめぐるとさらにミッキーからの特別なメッセージを受け取る事ができます。

 

イースターイベントの「うさピヨとなかよしプログラム」

うさピヨとなかよし

こちらは無料。

実際のパークのデコレーションと同じシールを貼ろうというもので、特に何かが貰えるわけではありませんが、パークのデコレーションを更に楽しめるものとなっています。

ハロウィンには「謎解きプログラム」をやってます。

 

指示されたポイントを探すのがメインなのでベビーカーを押しながらでも大丈夫ですし、待ち時間が無いのが何よりです。謎を解いた時やアイテムを全部集めた時の達成感は大人でもハマります。

 

赤ちゃん連れならフリーのキャラグリは近くにいるだけでOK!!

キャラグリ=キャラクターグリーティングの略ですね。ハイ。

こんなことを言っておいて何ですが、わが家は恥ずかしがり屋なので「ミッキー&フレンズ・グリーティングトレイル」とか行ったことはないんですよ。スミマセン。

ですが、キャラクター達は赤ちゃんが大好きなのでフリーのキャラグリでも赤ちゃんがいると分ればキャラクターの方から近寄ってきてくれる確率がメッチャ高いです。

 

キャラクターに余裕があれば、結構長めに絡んでくれたりもします。 

 

 

子供は365日コスプレOK。着ぐるみを着た赤ちゃんは超絶カワイイ♡

ハロウィンイベント期間じゃなくても小さい子供なら365日コスプレOKと言われています。

パーク内でもプリンセスの格好をした子供とかよく見かけますが、私が特にお勧めしたいのは「着ぐるみ!!」です。赤ちゃんの3頭身のフォルム+着ぐるみは最強の組み合わせ。

私も結構な頻度で子供に着せちゃってます。

着ぐるみ

通り過ぎる見知らぬ人々からもすれ違いざまに「かわいい♡」と言われたりして、親としては「そうでしょウチの子かわいいでしょ~」という気分になれます。

ディズニーの着ぐるみは売ってるやつもあるんですが、手芸が得意な方だったら手作りがおススメ。着ぐるみを作る楽しさと、ディズニーで子供に着てもらう楽しさで2倍楽しめます。

 

スーベニアメダルは100円で楽しめる

デイズニーリゾートのスーベニアメダルが100円で作れることは知っていますか?

各エリアやショップの雰囲気に合わせたデザインだったり、開催イベントのデザインだったり色々な種類のデザインがあります。1回のインパで全種類集めるのは大変なので、私は気に入ったデザインのものがあったら作るようにしています。

好きなキャラクターがいるならば、そのキャラのものを集めるのもイイですね。

スーベニアメダル

画像の左側のように月が表記されているものもあります。いつパークに行ったかが後から振り返って分かりやすいのでおススメ。

 

ホテルミラコスタに入ってみましょう。

ディズニーシーに併設したホテル「ミラコスタ」は 宿泊の予約をしていなくても入る事ができますよ。ミラコスタの中のギフトショップ「ミッキランジェロ・ギフト」にはココでしか買えない限定アイテムもあるんで、ぜひチェックしてみて下さい。

 

また、ミラコスタ中はこんな感じで

ミラコスタの廊下

絨毯敷きになっていますので、多少赤ちゃんがハイハイしても大丈夫かと思われます。

 

赤ちゃんが自由にハイハイできる場所としてマーメイドラグーンにある「スターフィッシュ・プレイペン」はありますが、そこまで広いスペースでもないですしハイハイができるのがパーク内で唯一ココだけなのでいつも結構混んでいます。

一応、7歳以上の子供は入れないよう制限はありますが5~6歳児が走り回っている事もありますし、なんか危ない感じがしちゃって・・・。

 

ミラコスタの廊下は皆が土足で歩いているところなので「キレイ」ではないかもしれませんが、清掃はされていますし壁際はあまり人も歩かないかなって事でウチはハイハイさせちゃってます。手は後で洗えば平気平気。 

 

座り込んで休憩場所にしちゃうのはNGですよ。くれぐれも!!

 

ディズニーシーは景観も色々楽しめるんです。

植えられている木々や花々

お花

画像の左側はイースターイベントの時のフォトロケーションの もの。お花の種類も春らしい丸っこい形だったり、色の取り合わせやバランスも絶妙だと思いませんか?ザ・お花畑って感じですよね。

画像の右側のものは少し分かりずらいですけど、2色のお花が球状になってぶら下がっているもの。鉢植えだとは思いますが、どうやって作っているのかなといつも疑問です。

他には、クリスマスイベントで洋風のイメージのポインセチアロストリバーデルタに意外とマッチしているのを見ると「こういう使い方・見せ方もあるのか」とインテリアの参考になったりもします。

隠れミッキー探し

定番中の定番ですね。わが家は一回も見つけた事はありません。

隠れミッキーではありませんがディズニーランドの方で、

隠れミッキー

コレを見つけた時は「コレが噂に聞くヤツか・・・」と嬉しかったです。

「本当に〇〇に来たみたい」な気分を楽しもう

ディズニーシーの景観のすばらしさは言うまでもないですね。

アラビアンコースト

本物のアラビアンナイトの町に来たような風景だったり、

 

本物の港町のような風景だったり。

港町

工事中のSSコロンビア号も造船中の豪華客船みたいです。

 

特に本物みたいとネット上で評判なのが

柱状節理

柱状節理です。

柱状節理とはマグマが冷やされて固まるときにできるもので、6角柱になった岩石が集まっている所の事を指します。アメリカのデビルズ・タワーやイギリスのジャイアンツ・コーズウェイが有名ですよね。

ディズニーシーの中でもそれが見れちゃいます。プロメテウス火山の噴火によってできたという設定らしいです。

 

キャストさんとも積極的にコミュニケーション

キャストさんも赤ちゃん連れには比較的よく話しかけてくれるような気がします。「今日は暑いですね~。」とか「何かアトラクションには乗られたんですか?」とか。

私の場合、知らない人にいきなり話しかけられるとビックリしてしまい「いったい何の用なの!?」とか思ってしまうのですが、キャストさんとしては「この人たちをもっと楽しませてあげたい。」と思って話しかけて来てくれているような気がします。

 

時にはキャストさんから非売品のシールをもらえたり、写真を撮ってもらえたり、穴場的おススメスポットを教えてもらえたりとお得な事もあるんです。何よりキャストさんが話しかけてくれたなあと思い出になります。

 

まとめ

今回紹介したものは待ち時間ゼロで楽しめますので、気になったら試してみて下さいね。

なんだかんだ言っても、結局子供が楽しんでくれればそれが親として一番楽しいんですけどね。

 

ディズニー関連記事はこんなのもあります。

www.buraburablog.net

www.buraburablog.net

www.buraburablog.net

www.buraburablog.net