ぶらぶらブログ

主婦の旅行記です。

マーメイドラグーンシアターの待ち時間を少なくするちょっとしたポイント

以前、家族でディズニーシーの方へ遊び行った際の出来事についてです。

吉田家は地方に住みながらも、ディズニーリゾートが大好きで年2回は遊びに行っています。年パス持ちの方からすれば「少なっっ!!」な回数ですが、吉田家の住む地方では年2回は多い方です。 

 

で、「ファストパス」っていう持っていると普通に並ぶよりアトラクションに早く乗れちゃう券があることは皆さんご存知の事と思います。

 

そのファストパスについての事なのですが・・・。

マーメイドラグーンシアターでの出来事

吉田家がマーメイドラグーンシアターのファストパスを取った時の案内時間は11:30~11:50となっていました。

ファストパス

そこで、周辺のアトラクションに乗りつつ時間を潰し、11:30になると即入場しました。


少しでも早く入場すれば、その分だけ早くショーが見れると思っていたんです。


ところがプレルームで待たされること待たされること・・・・・・。



ギュウギュウで狭いし暑いし、テンションダダ下がりで待つこと20分!!


何もないプレルームでただただ立って待つだけの20分は子供連れにはキビシーものがあります。

 

同じシアタータイプのアトラクションであるタートルトークは壁のイラストをみたり、ガイドのお姉さんが「クジラ語」のレクチャーをしてくれるので、待っている間も飽きさせない工夫があるのですが、マーメイドラグーンシアターは何もないので本当に退屈です。

 

マーメイドラグーンシアターの待ち時間短縮のコツ

せっかく指定された時間の最初の方に入場したのに、こんなに待たされるの何で~??と思ったけど、マーメイドラグーンシアターはショータイプのアトラクションなので、一回の公演ごとにゲストは入れ代わります。

 

ショーが上演している間は、基本、ゲストの入退場はできないようになっているため、上演中のショーが終わらなければ次のゲストは入場できません。

 

今回、11:30にプレルームに入っても、前の回のショーの上演時間が11:50までとなっいたため(ショーの上演中であったために)入れませんでした。


例えば、ファストパスの案内時間が11:30~11:50となっていたならば、11:50から劇場内への入場案内が開始されるということです。


なので、今回であれば11:50ちょっと前に行くのが待たされなくてベストでした。

 

まとめ

マーメイドラグーンシアターのファストパスは指定されている時間の遅い方に行った方が待たされる時間は少ないです。

 

タートル・トークとかスティッチエンカウンターなどシアター系のアトラクションはファストパスの案内時間がこのタイプだと思います。

 

あまり待ちたくない人は、この方法を試してみて下さい。

 

ただ、席は端っこだったり後ろの方だったりとあまり良い席は取れませんので注意です。