ぶらぶらブログ

主婦の旅行記です。

ブログ名

尾瀬周辺の子供と日帰りで立ち寄れるおすすめスポット「アルザ尾瀬の里」

 

気軽に立ち寄れる尾瀬日帰り温泉「アルザ尾瀬の里」

公式HP 尾瀬檜枝岐温泉 | 尾瀬檜枝岐温泉観光協会

本州最大規模の湿原。唱歌「夏の思い出」でおなじみの「尾瀬」の玄関口にあたる福島県桧枝岐村の温泉・スポーツ施設です。

アルザ尾瀬の里 景色

こーんな山の中の道路を進んで行くと、目の前に、雪がまだ解けず山肌も見えずに真っ白いままの会津駒ケ岳(多分)が見え隠れします。(写真はないんですけど・・・。)

コチラ側はもう新緑の頃なのに、すぐ目の前にある山はまだ雪化粧・・・。

コントラストがすごくて思わず目を奪われます。

 

私もまあまあ山に囲まれたところに住んでいて、自然は身近な物なのですが、ココ桧枝岐村の山々、樹木、川の流れ、何故か圧倒されるほどのパワーを感じました。

 

アルザ尾瀬の里の施設紹介

受付、ロビー

アルザ尾瀬の里 駐車場

「アルザ尾瀬の里」「尾瀬の里交流センター」「観光案内所」が隣接してあるので、駐車場も広いです。

建物の前に車椅子マークの優先駐車場は無かったように思いましたが、うろ覚えです。また、建物への玄関部分も階段の造りで、車いす・ベビーカー用のスロープのようなものは無かったように記憶しています。間違えていたらすみません。

 

入って左手に受付。右側はロビー。

アルザ尾瀬の里 受付

受付をして料金を払うと、プール利用の場合は更衣室兼脱衣所のロッカーのカギが渡されます。プールは利用せず露天風呂の入浴だけだと、鍵ナシのロッカーを使うようになります。

 

水着のレンタルもあるようですので、

アルザ尾瀬の里 レンタル水着

プールのつもりはなかったけどやっぱりプールにも入ってみようかな。って時などに便利ですね。子供用の水着もあるのかは不明です。

 

受付の前にはタオル、カミソリ、(子供用)水中眼鏡、歯ブラシ、タオル、アイスの販売がありました。

 

フェイスタオルはレンタルもしていましたよ。

 

飲み物は、ロビーに一台だけ自動販売機がありますのでそちらで購入しました。

更衣室兼脱衣所

更衣室はこんなかんじです。

アルザ尾瀬の里 脱衣所兼更衣室

アルザ尾瀬の里 洗面台

一応ドライヤーはありますね。あと、多分赤ちゃんを着替えさせたるするための台かな?

プール

女性は女子更衣室から直接プールサイドに出れます。男性は水着に着替えた後、一旦廊下を横切る必要があります。

 

コチラは25mプール。

アルザ尾瀬の里 25mプール

水深1.2mで子供にはちょっと無理なのですが、この写真の赤い部分には台のようなものが敷いてあって浅くなっています。(水深90㎝~1m位になっていると思われます。)

身長120㎝の長女でもこの赤い部分だけは浮き輪なしで入れました。

 

こっちは、スライダーの方。

アルザ尾瀬の里 スライダー

あくまで私の見立てですが・・・。

奥の方が幼児プールで、水深30~40㎝位。

スライダーから滑り降りるプールはチョット深めで水深90㎝~1m位。身長100㎝前後の次女には大人が付き添わないと危ないと感じるレベル。

手前の丸い部分はジャグジーでやはり水深90㎝~1m位。

 

スライダー目当てで来たのですが、スライダーも最後に少し落差があり、上から水に落ちるような感じで、最後、完全に「どっぼ~~んっっ!!」と水に潜ってしまうので、ウチの子供は好まなかったようです。

水に濡れるのもへっちゃらな子供は楽しいと思います。

 

ビート板とか(わかりにくいけど)フラフープとかも借りれそうな感じで置いてありました。

アルザ尾瀬の里 ビート板

露天風呂 

プールで体が冷えたら、露天風呂で温まりましょう!!

アルザ尾瀬の里 露天風呂

露天風呂のみで洗い場がないとの情報だったのですが、ちゃーんと洗い場ありました。

 

ただ、露天風呂なので仕方ないとは言え、葉っぱなどが浮かんでいるのがちょっと気になりました~。

 

噂には聞いていて「とは言っても、お湯に入れないほどゴミが浮いているわけではないだろう。私、あんまり気にしない方だし。」と思っていたのですが、私でさえ入るのをためらうレベルでした。

 

上の写真の手前側。円形の浴槽は屋根の下なので、葉っぱはほとんどありませんのでご安心を。

休憩所

施設の2階部分は休憩所になっています。

アルザ尾瀬の里 休憩所

カウンターのあるテーブル席と奥の方は座敷。

 

カウンターはありますが、特に使われておらず物置のようになっていました。

 

休憩室の反対側にはトレーニング室がありました。

アルザ尾瀬の里 トレーニング室

マッサージチェアは1回100円。他は自由に使って良いようです。

その他・注意点

館内はバリアフリー未対応で、階段・段差ばかりです。多目的トイレもありません。というかほとんどが和式トイレで、洋式トイレは1~2か所のみ。

 

授乳室もありません。

 

赤ちゃんの着替え・オムツ交換は休憩所の畳みスペースや脱衣所のオムツ替え台でできそうですが、露天風呂に赤ちゃん用のお風呂の椅子やベビーバスはありません。

まあ、内湯がなく露天風呂だけですからね~。そもそも赤ちゃん連れなんて来ないのかもしれませんが参考までに・・・。

 

プールの方には注意書きがありまして、オムツが取れていない乳幼児は入れないそうです。

 

食事はアルザ尾瀬の里の隣「尾瀬の里交流センター」で食べる事ができます。受付に断って行けば再入場は可能なようです。

アルザ尾瀬の里 尾瀬の里交流センター

メニューはお蕎麦やカレーなど。お土産屋さんの方は、お菓子や山菜の水煮、乾物が中心で、すぐに食べられるパンやお総菜的な物はありませんでした。

 

お蕎麦やカレーは子供が好きじゃないとの事だったので、前もってコンビニで買ってきたお弁当を休憩所で食べました。

アルザ尾瀬の里 休憩所

 

まとめ

流れるプールや大掛かりなウォータースライダーはありませんが、休日でもそんなに混雑しているとも思えないので、のんびりと過ごすにはぴったりの施設です。

冒頭でも述べましたが、とにかく「自然」のスケールが桁違いです。癒されるというか物凄いパワーをもらえる感じがしました。すごいぜOZE!!

近くに「ミニ尾瀬公園」ってのもあるみたいなので、小さな子供連れがハイキング気分を味わうのにちょうど良さそうです。

皆さんも良かったら行ってみて下さいね~。